忍者ブログ
[2046]  [2045]  [2044]  [2043]  [2042]  [2041]  [2040]  [2039]  [2038]  [2037]  [2036
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋山は昭和天皇の料理を担当した。

天皇の朝食は洋食、
パンとオートミール、野菜、季節の果物。
体調が悪い時は野菜スープで炊いたご飯(雑炊)を食べた。

戦後、40歳を超えた天皇は食べ物の好みがあっさりした和食になった。
還暦を過ぎた秋山は、宮中の仕事後に天ぷら専門店で学び、
揚げたての天ぷらを出した。
それを食べた天皇の感想は「天ぷらは 熱いね」。

秋山はにぎり鮨にも挑戦した。
もちろん鮨を作った経験は無いので、
人参をシャリの形に削り、常に握りの作業を特訓した。
眠る時も握って寝た。

秋山が退職する時、天皇から初めて話しかけられる。
「これからは 体に気を付けて」
その言葉を聞き、秋山は男泣きしたという。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(11/20)
(10/18)
(02/15)
(02/08)
(02/01)
コメント
[03/11 すみす]
[03/11 阿部定一郎]
[03/11 HIGE]
[03/11 J☆]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]