忍者ブログ
[2049]  [2048]  [2047]  [2046]  [2045]  [2044]  [2043]  [2042]  [2041]  [2040]  [2039
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

隋園食単 袁枚 青木正児:訳註

袁枚(えんばい・1716~1797)は中国、清の時代の詩人。
「隋園」と名付けた自宅に住み、多くの人に詩を教えた。

詩人としての実力は高く、
多くの礼金をもらう事が出来て、
また出かければあちこちから「ウチに来てくれ」という誘いも多かったため
各地の食べ物に関しての文章を残した。
それが「隋園食単」。

>筍油
>タケノコ10斤(約6kg?)を一昼夜蒸し、その節を穿ち通し、
>板の上に並べ、上に1枚の板を置いて押さえ、汁を絞り出す。
>ここに炒った塩10匁(約40g?)を混ぜて完成。
>タケノコの方は干して食べる。

養小録のほうでは煮汁を使い回して、
タケノコを美味しく食べる料理だったけど
こっちは煮汁の方を用いる料理なのだな。

…茹でタケノコの煮汁に塩。
これだけで役に立つ調味料になるんだろうか…?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(11/20)
(10/18)
(02/15)
(02/08)
(02/01)
コメント
[03/11 すみす]
[03/11 阿部定一郎]
[03/11 HIGE]
[03/11 J☆]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]